自分のこと

第8回新コミックエッセイプチ大賞で落選したけど、一次審査には通過しました わっしょい!

こんにちは、ちはるです!

先日引っ越しをしたのですが、その準備やなんやらがあって9月は全く漫画が描けませんでした~(ToT)
でも今日は嬉しいことがあったので報告させてください!

***

新コミックエッセイプチ大賞の結果

というわけで、実はこの夏にブログにも載せた

">「双極主婦の沖縄離島旅」という漫画を、KADOKAWAが主催する新コミックエッセイプチ大賞という漫画賞に投稿していたのでした。
その結果が先日でました。

結果は残念ながら落選!がっかり!
でも、自分としても入賞は難しいだろうなと思っていたのである意味納得の落選でした。

また次頑張ろうと思っていた矢先、公式HPで落選はしたものの一次審査を通過した人の発表が行われました。
そこで!なんと!私の漫画が!

1次審査通過者のリストに入っていました!!!!!

めちゃめちゃ嬉しい!!

今回は全部で250作品の応募があり、2人が大賞を受賞、7人が1次審査を通過したそうです。ってことはつまり、最終選考の9作品の中には私の漫画が残れたってことですよね!?!?ぐあ~~~~、うれしーーー!!!

講評

1次審査を通過すると、作品の講評をしてもらえます。
それがこちら(コミックエッセイ劇場HPより

『双極主婦の沖縄離島旅』うめやまちはる

旅行記としてとてもよくまとまっているが、そこに双極性障害という大きなテーマが入ってくることで、逆に作者が描きたかったことがぼやけてしまったように感じた。扱うテーマはなるべく一つに絞ったほうがよいだろう。

プロの編集者さんから自分の漫画にコメントがもらえるなんてありがてぇ…!!!

指摘されている部分は、もうほんとに「That’s right!!!」な内容ですね。
沖縄離島旅行記を描き始めた時点ではこのブログに載せることしか考えていなかったので、当たり前のように双極性障害の自分の特性を織り込んでいました。

投稿してみようと決めたのは旅行記の1日目を描き終えたあたりの時期でした。そこから投稿するためにどういう構成にしたらいいかを考え始めたんですが、1日目ですでに書いた旅行記の形式を踏襲しつつ病気のことを知らない人にも意味が通じるような内容にするかについて頭を捻りまくっていました。

でもやっぱり、「双極性障害の私が旅行に行って病気の特性の影響をうけたこと」と「旅先での感動」を描くことのどちらにもウェイトを置いてしまい、1つの作品として何が言いたいのかわかりづらいものになってしまっていたなと思います。投稿はしたものの入選はしないだろう~とていた理由がまさにご指摘いただいた”作者が描きたかったことがぼやけてしまったように感じた。”というところにあるので、納得の落選でした。

落選したけど…

落選はしたけど、想定の範囲内だったので特別落ち込むこともなく「よし、次行くぞー!」という気分でいます。一次審査は通過していたと知れたことでモチベーションも上がりました!

まぁ、双極のことがあるのでコンスタントに作品を作り続けるということはできないのですが、できるときにできることをやっていきたいと思います!

投稿した作品はこちらです↓↓↓

http://umeyamachi.com/okinawa2019-1/

①~⑥まであるのでぜひ読んでみてください!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
ブログランキングに参加しています
応援してもらえたらうれしいです!