旅行記

いつきのみや歴史体験館で十二単試着体験してきた!②

こちらの続きです!

以上、お読みいただきありがとうございました!

実際の写真

どうどう?すっごく素敵じゃないですか⁉
もうね、今見返してみてもうっとりしちゃいます。

素晴らしい衣装もさることながら、やはり空間と着付けがすばらしかったです!

私、旅行に行ってこういうコスプレができると絶対にやりたくなるタイプなのですが、ほとんどが写真撮影用のスタジオで行われます。それはそれでいいんですが、いつきのみや歴史体験館の伝統的な木造の広々とした空間に自然光がふわぁと差し込む中で、担当の方に丁寧に着付けしていただいていると、本当にタイムトリップしたかのような感覚になれます!


いや、もうほんとにね、もう少しでいいから古典をたしなんでいればより深く良さを味わえたのにな、という気持ちでいっぱいですよ!

漫画の補足

漫画に描き切れなかったことを少しだけ追記しておきますね。

①十二単は襦袢以外はすべて絹でできているそうです。
シルクですよ、シルク!シルクの服なんて1着も持っていないどころかハンカチすら持ってないよ…。いやぁ、贅沢。

②当ページ2枚目の漫画に描いたように着付けが進んでいくわけですが、こちらでは12枚衣を重ねていくのではなく、「五衣」という襟元だけを重ねた簡易版の衣装を着させてもらいました。実際には五枚全部別の衣を着ていたそうで、その分さらに重かったのだとか。
そうでなくても重くて猫背になってしまっていたというのに、昔の姫はすごいな…。美というか、もう、筋トレ?

③最後のページに書きましたが、十二単には帯がなくて紐で着物を留めていきます。実際には衣を重ねるごとに下の紐を抜い、最終的には一番上の紐一本で固定するらしいのですが、体験の着付けの時は着崩れないように紐は抜かずに着付けてくれました。それでも脱ぐときは一瞬で驚きました。それと共に一気に魔法が解けるような感じで名残惜しかったです。

試着体験について

十二単試着体験は、正確には平安装束試着体験という名称で行われています。男性用や子供用もあります!(子供用は2200円)

試着体験は1日2回決まった時間に開始で、予約が必要です。

さらに本格的ななりきり体験プランもあるみたいで、そちらはかつらやメイクもしてもらえるみたいです。(その分お金もかかるけど!)

詳しくは公式HPを見てみてください!
公式HP➡http://www.itukinomiya.jp/

試着体験以外にも楽しめるよ!

漫画で紹介したのは「有料・要予約」の試着体験でしたが、いつきのみや歴史体験館では無料の試着体験コーナーもあります。

こちらは羽織るだけなのですが多分絹の織物で、これが無料なのかい!?というクオリティでした。
こちらも女性用・男性用・子供用の3種類ありました。

いつきのみや歴史体験館では試着体験だけでなく、平安時代の様々な遊びが体験できます。

これは『貝覆い(かいおおい)』という遊び。(貝合わせだと思ってた)
つがいの貝を見つける遊びなんですが、これめちゃ難しかったです。私はひとつも合わせられなかった…。

この囲碁みたいな見た目の遊びが面白かった!『盤双六(ばんすごろく)』というらしいです。最初は「折角だからやっとくか」くらいの感覚でやりはじめたんですが、最後は白熱しました。

この他にも無料の遊びや有料の体験、季節のイベントなどが行われているようです。(近くの復元建物を利用したコスプレイベントもやってるらしい。意外!)

私たちが行ったのが平日だったからかもしれませんが、あまり人がいなくてゆっくり楽しめました。ガイドブックにも小さく載っていただけなのでかなり穴場かもしれないです。

漫画にもちょこっと描いたけど、年々知識欲というのが増してきていまして、地域の美術館や博物館で説明を読みながら展示物を眺める楽しさを感じるようになりました。今回は眺めるだけでなく実際に体験できるというのが面白かったです。
特に十二単は良かった!!おすすめです!!!

↓ こちらは同じく三重県に行った時においしい牡蠣を食べた話です。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
ブログランキングに参加しています
応援してもらえたらうれしいです!