双極性障害とどうつきあうか ~私の考える4つの方向性~

双極性障害とどうつきあうか ~私の考える4つの方向性~

こんにちは!ちはるです。

双極性障害の治療について調べると、薬がどうのとか生活リズムがどうのとか、そういう情報はたくさん手に入れることができるんですが、それって治療の手段だと私は思っているんですね。
見過ごされがちなんですが、そもそも「自分は双極性障害とどうつきあっていきたいのか」によってどの手段を選ぶかが変わってくると思うんです。

今回は双極性障害の治療をするにあたり、私なりに見出した4つの方向性について書いていきたいと思います。

薬や生活リズムで気分の波を抑える

おそらく、双極性障害治療の主流の考え方だと思います。
発症した段階でついている職業とか周囲の人間関係をなるべく変えないまま
気分の波を抑えることによって、この病気ではない人と同じ状態に持っていきます。

これがうまくいけば失うものも多くないかもしれません。

 

Advertisement

気分屋的に生きて気分の波を抑える

これはおそらく特殊な考え方で、普通に考えたらかえって波が大きくなってしまうんじゃないかと思うんですが、神田橋先生曰くむしろそのほうが波は大きくならずに済むんだそうです。
私はこの考え方が結構好きです。

『気分屋的に生きれば、気分は安定する』という言葉が出てくる文章はネット上でも読むことができます。
興味のある方は「福岡精神医学研究会講演記録 ネコぶろぐ」で検索してみてください。

 

気分の波に逆らわない

「気分の波を抑えるつもりがないってことは、治す気がないんだろう」と感じられる方もいるかもしれませんが、そうではありません。
気持ちのいい躁状態を感じられる人躁の時に創作意欲が刺激される人にとって、躁を抑え込むことは苦しいことなのではないかと想像できます。
かといって何も対処しないで過ごすと、本人や周囲の方々にとって重大な問題を引き起こす可能性が高まります。

ですので、身近に状態を見守ってくれる人がいて、あまりに躁やうつがひどくなってきた際には服薬や入院を促してくれるような状況が必要になってくるのではないかと考えます。
自制心がなくなっている状態でも、この人の判断なら信じられる、従おうと思えるような存在がいてくれると心強いですね。

優先順位をどう設定するのかによっては、
あえて波に逆らわない生き方を選ぶことも否定できないでしょう。
しかし、十分な検討をしないままでこの考え方に突き進むのは危険だと思います。
特に、躁状態の時に決断するのはやめたほうがいいと思います。

 

Advertisement

波を抑えつつ波を受け入れる

「①薬や生活リズムで波を抑える」という方法をベースにもちつつも、
②や③のように、波が来たら来たで、その波に合わせて過ごしたらいいんじゃない、という考え方です。

正直、何年も治療を続けていても合う薬がなかなか見つからなかったりするんですね。
生活リズムや睡眠リズムを整えようと気を遣って生活するけど、
うまくいっていたかと思ったら理由もなく眠れない日がきたりしてリズムが崩れてしまうこともあるんです。

それに、薬を朝晩毎日忘れずに飲むとか、生活リズムを一定にするように過ごすって、想像以上にエネルギーを使います。健康な人が想像できない方向にエネルギーを注がなくちゃならないんです。
その努力がある日なんの理由もなく泡となって消える。

そうなったときの落胆とか絶望って結構半端ないんです。
これもうこれうつまっしぐらです。

だから波が完全に消えなくてもOKということにして、
多少の波があってもOKな環境に身を置いてあげるといいのではないかと思います。
具体的に言うと、専業主婦や自営業、フリーランスなどの働き方を選べるのではないかと考えます。
私は詳しいことはわからないのですが、障害者雇用での就労もいけるかもしれません。

 

正解はない

以上、4つの方向性について私なりの考えを書いてみました。

双極性障害当事者の立場から見た理想の方向性
その周囲の方々から見た理想の方向性は違ってくるかもしれません。
周囲の方々の中でも、親・子・兄弟姉妹・パートナー・友人・職場の上司・同僚など、立場の違いでも感じ方は変わってくるのではないでしょうか。

また、その人が置かれている状況によっても変わってくるでしょう

私は「周囲の人の考え方や自分の置かれた状況も含めたうえで、自分(当事者)はどう考えるのかが一番大事だと思います。

ただし、その選択によって他人の人権を侵害するとか、法律的にダメなことでない限りは、ですよ。

 

Advertisement

私が選んだ道

ちなみに、私は「④波を抑えつつ波に逆らわない」方向で生きたいなと思って生活しています。

仕事をしていたころは「①薬や生活リズムで気分の波を抑える」生活をしていました。
いや、実際のところ生活リズムは意識せず(できず)、薬だけで抑えようとしていました。
でも抑えることはできなかったんですね。
8年間同じ職場にいて休職と復職を繰り返していましたが、よくなってきたと思ったら悪くなるし、そうしてるうちに職場内での信用もなくなっていくし、
私はダメな人間なんだ
社会不適合者なんだ
と感じていてずっとずっと苦しかったです。

考え方が変わったのは退職して夫との生活を始めてからでした。
まず薬をやめようということになり、減薬していく過程で離脱症状が出ました。
その離脱症状を抑えるためにまた別な薬とつかうことは本末転倒だから、
生活を改善することで離脱症状を抑えようという取り組みを始めました。
そのことが双極性障害の気分の波を抑えるのに効果的だったのではないかと思います。

断薬をするともう気持ちが不安定になっても薬は使えません。
いろんな治療法があるけど、手軽で即効性があるのはやっぱり薬です。
でもそれが使えないとなると、もう波を放っておくしかありません。
なんか興奮してるなと思ったら「今やろうとしてることは一晩寝てから決めよう」
うつっぽくてやる気が出ないときは「今日はもうゆっくり寝てよう」
そうやって症状を打ち消さずに過ごすことで、そういう日が長く続かないようになってきました。

こういう生活ができるのは、私が専業主婦夫の支え理解があるからだと思っています。
まだまだ人生長いですし、この方向性では通用しない状況に置かれることもあるかもしれません。
その時はその時の状況に応じて、方向性も見直していくんだろうと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
ブログランキングに参加しています
応援してもらえたらうれしいです!