双極性障害の私が薬をやめた理由④(終) 「気分安定薬」

双極性障害の私が薬をやめた理由④(終) 「気分安定薬」

こんにちは!ちはるです。

今回は気分安定薬をやめた理由について描いていきます。

というか、気分安定薬に限らず、飲んでいた薬全般に関わる重大な理由がありました…。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ
ブログランキングに参加しています
応援してもらえたらうれしいです!

Advertisement

 

【漫画】双極性障害の私が薬をやめた理由④「気分安定薬をやめた理由」

 

 

Advertisement

 

 

適齢期の私たちに迫る妊娠出産というタイムリミット

これは20代~40代の女性にとって非常に重大な理由になると思う。

「パートナーがいる」とか「既婚である」とかいう理由が加わるとさらに重要度が増すし、
私のように「30代後半」に差し掛かっている人にとっては切迫した問題になるんじゃないだろうか。

 

薬を飲みながら妊娠することについて

私たち精神疾患持ちにとって薬は命綱だし、
長く闘病してると薬なしの生活なんて考えられなくなっていると思います。
(私はそうなってた)
双極性障害なんて、本を開けば「治療には一生服薬していく必要がある」なんて書かれてたりしますよね。
でもその薬は妊娠禁忌薬なわけです。

そんなの絶望ですよ。

そのことを知っただけでも鬱になりそうですよね…。

 

とはいえ、調べてみると、薬を飲みながら妊娠出産する人もいるそうです。
薬をやめることで母体が不安定になるくらいなら服薬したまま妊娠を継続しましょうっていう判断をすることもあるそうです。

それはそれで無事生まれてきてくれればなんの問題もないんだけど。

でももし、何らかの障害を持って生まれてきたら…?
それが、自分が服薬をやめなかったせいで起きる障害だったら…?

たぶん自分を責めちゃうよね。
精神疾患持ちの私たちがそういう状況に直面したとき
その苦しみを乗り越えられるかしら…?

新生児薬物離脱症候群という問題

新生児薬物離脱症候群という言葉、聞いたことありますか?

これは、生まれてきた赤ちゃんに起こる離脱症状のことです。

妊娠中に服薬をすることによって薬の成分が胎児にも供給されていくのですが、
出生し母体から離れることによって母体から薬の成分が供給されなくなり
赤ちゃんが離脱症状を起こすというものです。

妊娠中お産が近づいてから、けいれんを抑える薬、不安感などの精神的な症状を和らげる薬を使用していたお母さんから生まれた赤ちゃんに薬の作用として、「ぐったりしている状態」や「手足をブルブルふるったりする状態」があらわれることがあります。
薬の影響がより強い場合には「けいれん」や、「息をとめる」などの一時的な症状が現れることがあります。
こうした赤ちゃんの一時的な変化を新生児薬物離脱症候群と言います。

厚生労働省ホームページより
https://www.mhlw.go.jp/topics/2006/11/dl/tp1122-1j17.pdf

 

薬をやめるときのあのきつい離脱症状が赤ちゃんに起きるかもしれない。
そんくらい別にいーんじゃない!って、思えます?
思えるなら問題はない。
でもきっと多くの女性が、そんな苦しい思いはさせたくなって思うんじゃないでしょうか。

 

こんなん書くのは脅しのようで好きじゃないけど、
気にしないで突っ走って「なんとかなるなる!」って思えるタイプじゃないから
精神疾患になって薬を飲むようになったわけじゃないですか。
私は無視できなかったから、妊娠する前に薬をやめられるか試してみようと考えました。

 

誤解してほしくないのは、薬飲みながら妊娠出産した人はひどい親だとかそういうことが言いたいんじゃないってこと。
それとこれとは別な話なので!
薬、ものによっては、離脱症状ものすごいんで…とくに妊娠したからって一気断薬しちゃうのはものすごく危険なので絶対しちゃだめ!!!
離脱症状だけでなくて、妊娠中はホルモンバランスが変わって精神的に不安定になりやすいと聞くし、そんな中でそれまで頼ってた薬をやめるとなると不安感が増してしれない。
飲み続けることが赤ちゃんのためになるパターンもありますからね。

今書いてるのは、準備できる期間があるなら、できる限り準備しておいてあげたいなって思う気持ちのことです。

 

デパケンとリーマスをやめることについて

さて、今回漫画の話題にしたデパケンとリーマス。

このふたつをやめるきっかけになったのは上記のように妊娠を希望した際に問題があるからでした。
実際には当時飲んでいたパキシル、デパス、ルネスタも妊娠禁忌薬なのでそれらをやめる理由の中にこの「妊娠」というテーマも関係してきています。
ただ、薬をやめたい理由の優先順位としては
パキシル怖い>>睡眠薬効果強すぎてだるい>妊娠希望
の順番だったので、最初の段階でははっきりとやめるとは決めていませんでした。

そして、この5種類の薬の中でデパケンだけは危険度が特に高く、主治医の判断で一番最初にやめることになりました。

私としても、デパケンずっと飲んでるけどほんとに効果あるのか⁉と思っていたので、これは躊躇なくやめられました。

 

問題はリーマス!

リーマスはほんとにやめてもいいものかずっと悩みました。
他の薬を減薬してる最中も悩んでました。

飲み始めたころに、感情の波が消えていく感覚があったからです。

でも不信感もありました。
だって、リーマス飲んでても普通に動けない時期あったし、テンション上がる時期もあったんだもの!
一番困ってる睡眠問題も全く解決しなかったし!

効いてる?ほんとに~?いやいや、飲まなかったらもっとひどいことになっているのかも…。なんて悶々としていました。

で、結果的にはやめました。
なんでかというと、やめてみて症状の変化をみてみないと、自分にとってどれだけリーマスが作用してくれているのかも見極められないから、です。
そして、やめても大きな症状がでなければ、薬の服用が完全にない状態で妊活に臨める!と思ったからです。
気分安定薬をやめる理由と同様、実験ですね。
自分の体を使った人体実験です。

こういうのは本来、新しく薬を飲み始めたころに効果を確認しながら処方内容を決めていけば必要のないことだと思うのですが、当時の処方内容の基本形を決めた時期はもう本当にひどい時期でボロボロだったので、そういうことにまで意識が回っていませんでした。
全部医者任せにしてましたから、どうしてその処方で落ち着いたのかも覚えていないです…。

ちなみに、やめた今でもリーマス飲んだら何か変わるのかなぁ?と思うことあります。
今後気分の波に飲み込まれそうになったら再服薬もあるのかもしれません。
それくらい、なんとなくリーマスに対する信頼感というか期待感があったりします。
双極性障害と診断されているからですかね。

 

以上、私が気分安定薬をやめた理由でした!

Advertisement

 

今後は、減薬断薬体験記なんかも書いてみたいなと思っています。
ただそれは長くなりそうなので構想をまとめるのに時間かかると思います。
気長にお待ちください。

まだダイエットの話とか、鬱の時の家事の話とかも描いていきたいなと思っているので、
描けそうな順に描いていきたいと思います。

ブログの記事は描くのが遅くてなかなか更新できませんが、Twitterでは日々のことをつぶやいたりなんかしているので、もしよかったら声かけてください。

ではでは!

 

離脱症状と注意してほしいこと

今日の記事を読まれて気分安定薬をやめたいと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
もしそうなった場合にも、急に服用を中止することは絶対になさらないでください。

私が調べた限りでは気分安定薬は離脱症状をおこしにくい薬のようです。
ですが、体質によって離脱症状を起こす可能性はあり得ます。

離脱症状だけでなく薬で抑えていた原疾患が表出する可能性もあり得ます。
特に急に服用を中止すると、体内のバランスが乱れ体調を崩しやすくなります。

私の経験上ですが、離脱症状はそれまで経験した精神疾患の何十倍もひどい精神症状・身体症状に襲われる可能性があります。
そのために亡くなられた方もいます。
それが出ないようにするためには、ゆっくり時間をかけて減らしていく必要があります。
ここでいうゆっくりとは、年単位での減薬を指します。
私はすべての薬をやめるのに1年半かけました。
それでも振り返ると急ぎすぎたなと感じています。
そして、離脱症状の後遺症がいまでも残っています。

私は今後、減薬・断薬についての体験談や情報をブログにかいていくつもりでいますが、なにぶん描くペースが遅いですし、小出しにする情報によって悪影響を与えてしまわないかということを危惧しております。

減薬・断薬には、「正しい知識」「環境の整備」、そして「主治医との連携」「周囲のサポート」が重要だと考えています。

絶対に衝動的に減薬・断薬をすることのないようにしていただきたいと思います。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 躁うつ病(双極性障害)へ